記事の詳細

私は、飲み物の中でコーヒーが一番好きだったりします。
毎日の暮らしや生活の中でコーヒーが無いと生きていけません(笑)
でもつい最近になるまで全く飲めなかったんですよね。
何故か一口飲んだだけで胃がキリキリ痛んで、しかも食欲まで
失せてしまうということが度々あったからなんです。
だから、会社とかで上司や先輩が「お疲れ!」と言いながら
手渡してくれるのが缶コーヒーだったりすると、あらららら。。
って、なっちゃったりして、とにかく本当に苦手でした。
ところが、ある日恩人の先生のお宅にお呼ばれした際、コーヒーが
出てきてしまいまして、あ~どーしよ・・。と思っていたところ
「とても美味しいコーヒーだから是非飲んでみて♪」と言われ
断ることも出来ず、意を決して飲んでみたところ「あれ!?」
何ともない!!普通なら、飲んだそばからすぐに胃に異変が起きる
私のはずなんですけど、不思議と何ともないんです。
一体どういうことかしら?と思いつつも、もしかしたら、しばらく
時間が経過したあとに異変が起きるかもしれない。。。と思って、
恐怖を感じながら、胃の様子を気にしていたいのですが、
一向に胃のコンディションに変化は無く、どうしてだろ、何故だろ?
といろいろ考えたりしたのですが、長年悩んでいた原因が、やっと
判明する日が来たのです。
というのも、恩人の先生の家から帰る際「良かったら、さっきの
コーヒー、挽いた残りがあるから持っていかない?」と言われ、
これまた断ることも出来ず、家にもって帰えったのです。
コーヒーの香りは大好きだし、先生のお宅で飲んだ時は何とも
無かったから、頂いたコーヒーを捨てるのもバチ当たり出し、
イチかバチか勇気を出して、ドリップしてから、飲んでみたところ、
やっぱり何ともない!もしかして、もしかすると。。ということで、
これまで長い間悩んでいたコーヒーによる胃のダメージは
どうやら「インスタント」のコーヒーを飲んでいたことが原因
であることに気付いたのです。
私のダメな種類は、お湯を注ぐ系のインスタントもの、それから
缶系、ペットボトル系だったのですが、コーヒー豆を挽いて
粉にしたものであれば、胃が不調にならないことが判明して、
これまで何十年も抱えていた小さな悩みが一気に解消できました。
それからというもの、自宅には、コーヒーメーカーを置いて、
インターネットのコーヒー専門店から豆の状態で購入したものを
挽いて、ドリップして、飲むようにしています。
コーヒーは香りだけでなく、それ自体が持つ、雰囲気も良いですし、
何よりもポリフェノールという抗酸化作用効果もあるので、
夜更かし好きで、やや不摂生気味の私には必須の飲み物なのです。

サイトマップ

ページ上部へ戻る