記事の詳細

フレッツ光代理店でお得にキャッシュバックを貰うにはキャッシュバックの適用条件を確認することがポイントです。なぜなら、キャッシュバックの適用条件には追加のオプション契約が必要な場合があり、オプションを使わないのに契約してしまうと、結果的にキャッシュバックの金額が減ってしまうからです。キャンペーン金額に惑わされてしまうと、結果的に多くコストを支払うことになります。

フレッツ光代理店は実際に光回線を保有しているわけではありません。第1種通信事業者であるNTTなどに契約者を紹介することで利益を得る業種です。多くの回線申し込み者を取り込むことで、代理店は販売奨励金などを第1種通信事業者からもらっています。フレッツ光代理店が契約者にキャッシュバックなどのキャンペーンを実施できるのは、販売奨励金を活用しているからなのです。

では、フレッツ光代理店で多くの契約者がおり、多くの利益を得ている代理店なら我々にお得なキャンペーンを展開しているのではと思われる方もいるでしょう。ですが、実際にフレッツ光代理店がどのくらいの利益を出しているのかを調べる必要はありません。調べるべきはキャッシュバックの金額とその適用条件との関係です。

実際に最大6万円のキャッシュバックを設定しているあるフレッツ光代理店が実際にあります。金額だけをみるとかなり魅力的なキャンペーンのように思われます。しかし。適用条件には指定されたプロバイダを利用する以外に、ひかり電話とU-NEXT、NTTカードのオプション加入が必要になります。合計すると約7,000円/月の追加料金です。6万円をもらえる適用条件は追加のオプション加入を最低1年間続けることが適用条件です。合計で約86,000円…。キャンペーンの金額を上回る支払となってしまいます。ひかり電話やU-NEXTなどのオプションが必要な方はお得です。しかし、不要ならキャッシュバックどころか更に負担がかかってしまうことになります。

西日本の方であれば33,000円のキャッシュバックを受けることができるフレッツ光代理店のラプター。先ほどの最大6万円のキャッシュバックと比較するとインパクトは低いですが、適用条件は指定プロバイダを選択するだけ。最短2ヶ月で金額が振り込まれます。追加のオプションは一切ありません。オプション加入を求めていないユーザーは最もお得にキャッシュバックをもらうことができます。

適用条件にオプション加入がなければお得…というわけではありません。良く考えたらオプションに加入したほうがよいとあなたが判断するなら、キャッシュバック最大6万円がお得になる場合があります。適用条件と自分のネット環境をどう考えるかによって結果は変わりますが、オプションが不要な方なら適用条件のハードルが低いフレッツ光代理店の方が最大の利益を得ることができます。

サイトマップ

ページ上部へ戻る