記事の詳細

雨漏りというのは、一軒家だけに限らず、マンションなどの最上階でも起こりえる現象ですし、マンションやアパートなどの中階層では、雨漏りではなく水漏れなどに注意する必要があります。

賃貸物件であれば、不動産会社や直接大家さんに対応してもらうように依頼すればいいだけですが、自己所有の物件などであれば、自分で業者探し出して対応する必要があります。

この業者探しの場合にもちゃんとした業者を探し出すことができなければ、またもや同じような状態になり、雨漏りや水漏れなどが発生してしまう可能性もあります。

特に、まだ雨漏りなどをしていない物件であればそこまで気にすることもないのかもしれませんが、一度、雨漏りや水漏れなどで損傷してしまった物件の場合には、きちんとした対策を施さなければ、再び雨もれや水漏れの現象が発生するだけではなく、物件自体に損傷を与えてしまう可能性があるため、ちゃんとした知識を持った業者さんを探す必要があります。

雨漏りなどが発生する原因としては、屋根の老朽化や破損、屋根の改装などが挙げられます。

屋根に天窓をつけたり、換気扇や空気の取り込み口をつけたり、太陽光パネルを取り付けたりする際にも、工事過程を間違えてしまうと、雨漏りの原因となる可能性もあります。

最近、雨漏りの原因として多いのは、太陽光パネルの施工工事ミスの原因が多いそうです。

太陽光パネルの工事をメーカー自らがやっていたり、建築の知識がある業者さんが取り付け工事を行っていたりすれば問題はないのでしょうが、それに該当しない業者さんが太陽光パネルの取り付け施工工事を行う場合もあります。

そのため太陽光パネルを取り付ける際の注意点の知識も無いですし、屋根に重量物を取り付ける際の知識もない状態で施工工事を行うため、設置箇所に余計な負荷が掛かり、屋根の老朽化を促進してしまいます。

その結果雨漏りなどの現象が発生してしまうということです。

せっかく高い太陽光パネルを設置して、電気を売ることで利益を得ようと思っても、その他の修理代などがかさんでしまうとプラスになるどころかマイナス生む結果になってしまいます。

そのような状態を避けるためにも、太陽光パネルなどを設置する際には、きちんとした取り付け業者選ぶことと、複数の専門家に依頼することも検討したほうがいいかもしれません。

最近では、瓦屋根診断士や雨漏り診断しといて専門家の方に調査を依頼するケースも増えているそうです。

詳細は、こちらの太陽光発電の雨漏り対策ガイドでも説明されていますので参考にしてみてください。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る