記事の詳細

太陽光発電導入はメリットはもちろん、デメリットもあります。

メリットはもちろん無限にある太陽光が電気エネルギーに代わるので、究極のエコですし、ロケーションによっては非常に効率がよく転嫁します。国も積極的に購入者を後押ししています。現時点ですと1Kwあたり42円で余剰電力を買い取ってくれます。これは国が電力会社に指示をして買取金額を引き上げています。

メリットのまとめは、

クリーンでエコなエネルギー。
余剰電力買取金額が42円と高くなった。

さらに太陽光発電システムには緊急時に太陽光で発電した電力をそのまま使えるという機能もあります。もちろん太陽が出ていて発電していることが条件ですが、例えば昼間に地震が起き、停電した場合など、太陽光発電システムから直接電気を供給できます。

また、太陽光パネルを屋根全面に設置した場合は夏場の屋内の温度上昇も抑えてくれます。なのでエアコンの効きも良くなります。

ではデメリットは?

デメリットは天候に左右される事です。しかし、年間を通して、平均するため、デメリットとは言いにくい問題でしょう。

さらに太陽光パネルを生成する際に工場で使われる電力量が、人によってはエコじゃないと言われています。どういう事かというと、太陽光パネルは大きな半導体で、その半導体を生成するために大変な電力を使うのです。

エコの商品を作るのに、大変エネルギーを使うためエコじゃない。という人もいるのが事実です。

しかしこの部分は、産業の否定につながるため、一般消費者は気にすることは無いと考えられますが、どうでしょうか?

太陽光発電システムは初期に比べるとかなり導入がラクになりました。
初期は導入に200万円ほどかかっていましたが、現在はコンパクトなシステムで100万強ほどで導入できます。

導入資金が下がったということは費用対効果も大きくなっているので、だんだんお得になってきたと言えるでしょう。

大きなお金が動くため、導入は慎重にしましょう。比較検討はもとより、実際に体験をしたユーザーの話を聞く等もためになります。仮にお店で話を聞きに行って、勧められたとしましょう。その場で決めてしまわずに、何店か回ってみたり、一括見積もりなどを利用するのもいいでしょう。提携業者の評判も大事です。
しっかりした工事をしてくれるか等の納得の行く説明がある業者を選びましょう。

パネルには種類によって特徴があります。例えばHITというパネル。このパネルは薄くて軽量なのに、発電効率が高いパネルです。しかし値段が高い。

そういった情報も収集しておいたほうがいいです。

詳しい体験をした人が、いろいろ教えてくれてます。

オール電化、太陽光発電のメリット・デメリット

大事な買い物なので、詳しい目を持って下さい。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る