記事の詳細

年齢を重ねてくるとほうれい線が気になり始めますよね。

早い方では20代後半からほうれい線が目立ち始めるということです。

ほうれい線があるのと無いのとでは、本当に見た目年齢に大きな差がでてきてしまうので、ケアできるのであれば、確実にケアしておきたいですね。

では、どのようにケアしていけば良いのでしょうか?

ほうれい線が出てくる原因は、乾燥、紫外線、加齢による肌のたるみなど、他にも原因となる要素はあるのですが、この3つが大きな原因と言われています。

つまり、一般的なほうれい線であれば、この3つの対策をしっかり行うことでほうれい線の予防が出来るということですね。

乾燥に対しては、化粧水や乳液等をしっかりつけて保水をきっちり行うようにしましょう。たまに洗顔後にきちんと水分を拭きとっていない方がいらっしゃいますが、これは肌を乾燥させる原因のひとつになります。

なぜ、水分で濡れているのに肌を乾燥させてしまうかというと、肌に付着している水分が蒸発する際に、多くの水分を一緒に蒸発させてしまうからなのです。

なので、洗顔後やお風呂の後は、きっちりと肌の水分を拭き取るようにしましょう。

紫外線に関しては、日焼け止めクリームや外出の際には化粧の下地処理をきっちりやれば大丈夫です。すでにご存知だと思いますが、日焼け止めはSPFの値によって、効果の持続する時間が決まってきますから、あなたが使っている日焼け止めクリームの持続時間を理解して、外出中でもメイク直しをするようにしてくださいね。

最後に加齢による肌のたるみ対策ですが、これは口元の筋肉を頻繁に動かす他に対応方法は無いと思います。

以前、シルク姉さんがテレビで行っていたほうれい線を消す体操をやってみたり、ペットボトルを口に加え、へこましたり膨らましたりするようにしましょう。

口元の筋肉を全然使っていない場合には、最初のうちは筋肉痛がするほどきついかも知れませんが、テレビを見ながらとか、お風呂に入りながらとか、ながら体操が出来るものなので、美容のために継続して頑張るようにしてください。

あと注意点ですが、食事をするときにいつも同じ側で噛む癖がある人は、ほうれい線が片方だけでてくる場合がありますので、そのような癖を持っている方は、均等に咀嚼するように気をつけましょう。

最近では、ほうれい線用の薬用美容クリームも発売されていますので、徹底してほうれい線対策をしたい場合には、そちらの購入も検討してみてもいいかも知れませんね。

以下のサイトで、詳細が説明されていますので、参考にしてみてくださいね。

ピュアアンドシルクの口コミ・評判|レビューのプロが徹底検証

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る