記事の詳細

朝顔がむくんでいる、脚がパンパンにむくんでブーツがはけない等のようにむくみは厄介なものです。ではどうして、むくんでしまうのでしょうか?

・むくみが起こるしくみ

むくみが起こる仕組みとは、心臓のポンプ機能が低下したときに血行不良をおこします。

血行不良で、腎臓の血流が減少してしまうと、血液中の水分が体内に滞り、肺静脈や、末梢静脈の内圧が高まり血管内の水分があふれ出してしまい、むくみとなって表れます。

リンパ管は、静脈に沿うように体中に張り巡らされて、リンパ液は血液と似たような働きをして血管に入りきらないような老廃物を排出する機能を持っています。

リンパ液は筋肉の動きによって流れていますが、筋肉を動かさないとリンパ液は滞り老廃物の蓄積やむくみとなって表れてしまいます。

・むくみが起こる原因とは

むくみが起こる原因は、多くありますが主な原因は

*塩分や糖分の摂り過ぎ

*寝不足

*運動不足、

*冷え

*ストレス

*心臓障害

*腎臓障害

などがありますが、脚気や、貧血、栄養失調、女性なら生理前や、妊娠中にもむくみやすくなります。

むくみを起こす心臓のポンプ機能が低下してしまう原因は、ふくらはぎの筋肉と大いに関係があります。

心臓から送り出された血液を、末梢から静脈を通り送り返すには、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役目をしています。

運動不足や加齢などでふくらはぎの筋力が低下したり、ふくらはぎの筋肉を動かさないでいると血流が悪くなりデスクワークや長時間立ちっぱなしの仕事などで、夕方に脚がむくんでしまうというようになってしまいます。

生活習慣の改善や、食生活の改善などで多くむくみは改善されますが

むくみのひどい状態が、長く続く場合には、心臓病、腎臓病の疑いがあります。

ひどい場合には、腹の中(腹水)胸部の中(胸水)にまで水がたまることもあります。

何らかの病気で、薬を飲んでいて、その副作用でもむくむ場合がありますので

そういう時には、いちはやく主治医に相談されることをお勧めします。

むくみの解消には、まずその原因を知り、改善していくように心がけましょう。

(まとめ) むくみが起こるしくみ

むくみが起こる仕組みとは、心臓のポンプ機能が低下し、血行不良から血液中の水分が体内に滞ることでむくみが現れます。

またリンパ液が、筋肉を動かさないことで滞り、むくみとなります。

・むくみが起こる原因とは

主なむくみの起こる原因は塩分や糖分の摂り過ぎ、寝不足、運動不足、冷え、ストレス、心臓障害、腎臓障害があり長く続くむくみの場合は、心臓病、腎臓病のばあいがあるため主治医に相談することをお勧めします。

参考サイト:むくみ解消マニュアル/むくみの原因と解消法

サイトマップ

ページ上部へ戻る