記事の詳細

最初に薄いかもなぁって感じたのは20代の前半だったかと思います。実際には10代の頃から生まれつきオデコの広さで悩んでいましたし、将来ハゲになる確率は高いかもなぁと漠然と考えていました。親戚の集まりでは祖父や叔父の髪が薄いのを毎回見ていましたし、父親もかなり薄くなってきていたので嫌でも将来に不安を感じずにいられませんでした。

実際、AGAというのは遺伝によるところが大きいらしく、薄くなりだした頃は既に進行が進んでいるのだそうです。ヤバいと感じたときよりも数か月、もしくは数年以上前から髪の成長は異常な状態になっていた可能性があります。ですので、市販されている育毛剤やネットで販売されている育毛剤で3か月でフサフサになりましたっていうのは少し信憑性が無いと感じています。

現在ではプロペシアやミノキシジルなどの医薬品が最も効果的だと言われていますが、それでも効果が出ない人も多いらしく、最終的にカツラや増毛、植毛などの手段をとって対策をしている人も多いようです。個人的にはカツラや増毛というのは維持する為の費用が凄く高そうですし、なによりメンテナンスなどの手間を考えるととても長続きしない気がします。

勿論試してみない事には何とも言い難いのですが、出来れば自分の髪を元の状態に自分の髪で戻したいって言うのが本音ですね。聞いた話だとプロペシアに関しても、脱毛の進行を止めるだけで発毛を促すものではないのだとか…。

しかも、薬を飲み続けないとまた脱毛が始まったりするケースも多いらしいですね。1か月に6,000円とか10,000円とかするらしいので、これも5年10年と続けるとなるとかなりの維持費が必要になります。この点だけみると増毛などと同じく生活を圧迫しかねないので考え物です。

一先ずは生え際が少し薄くなりかけているので育毛シャンプーと育毛サプリ、あとは規則正しい生活を心がけて半年ほど様子を見たいと思います。それで進行が止まらないようであれば医者に診てもらって対策を考えていきたいですね。AGAは前からのタイプと上からのタイプがあるみたいですが、自分の場合だと前からスカスカになっていくタイプですね。M字の剃りこみもヤバいです。典型的なAGA型だと思います。

プロペシアには副作用とかもあるみたいなので、安く手に入るとは言え個人輸入系は避けたいと思っています。半年後、生え際に相談してみて必要だと感じればAGAの専門クリニックに相談に行ってみたいと思います。医療機関なので悪質な勧誘などはないって口コミも確認しましたし、実際に説明を聞いて信頼できる病院かどうか判断したいと思います。普段よく参考にしているAGAの情報サイトはこちら!AGA対策WEB|20代で若ハゲを経験した男のサイト

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る