記事の詳細

脱毛サロンでの勧誘をスタッフとの良い関係を保ちながら上手に断る方法は、3つのポイントを抑えておく必要があります。格安の料金につられて利用し始めた脱毛サロンこそ勧誘される場合が多いですが、3つのポイントを抑えておけば、格安の料金で気分良く脱毛サロンに通い続けることができます。一つでも欠けてしまうと、せっかく見つけた脱毛サロンに通いづらくなるばかりか、途中解約などの違約金によって損をすることがあるかもしれません。

3つのポイントとは、自分の職業、家族の意見、お金がないことうまく伝える、です。相手は勧誘のプロ。3つのポイント以外は全てプロの会話の誘導によって打ち破られ、最終的には余計な部位まで脱毛することになってしまいます。自分は意思が強いから大丈夫と思っている人ほど、スタッフとの会話を続けることでいつの間にか追加の契約をしてしまうもの。自分は断ることができる強い意志がある…と思っている人ほど無策で挑み、敗北するのです。

自分の職業をスタッフに明かすことはとても大切です。ですが、本当のことを伝えればよいというわけではありません。ここは心を鬼にして場合によっては嘘をつきます。『主婦』が最も無難な回答です。他人には、つい自分の社会的地位を伝えたくなるもの。自分は頑張っていることを伝えることで優越感を味わえますからね。職業があるということはお金があるとスタッフはとらえます。一気に勧誘されてしまう最も危険な回答です。『主婦』ならお金の自由がないという印象を与えられます。お金は簡単には支払えない…という予防線を張っておきます。

一度勧誘された場合、断る理由で最も効果的であることは、一人の意見ではないと伝えることです。家族に相談したが反対されてしまった…と伝えます。スタッフがどれだけ勧誘能力が高くても、店舗に来店しない家族を説得することはできません。仮にあなたが説得されそうになっても、最後の砦である家族の意見を変えることができなければ契約できない旨をしっかり伝えましょう。

それでもしつこくあなたに勧誘を続ける勧誘のプロの攻撃をかわすために、お金がないことを明確に伝えます。ただし、単にお金がないという説明では逆に危険。どれくらいお金がないかを聞き出され、いくらなら脱毛に費やせるのかを設定されてしまって最後は断れなくなります。お金がない理由…最近車を買ったので余裕がない、家のローンを払っていてこれ以上は脱毛サロンの費用に回せない…と、具体的に表現しましょう。

自分の職業、家族の意見、お金がないことうまく伝えるという3つのポイントの抑え方を間違ってしまうと勧誘の糸口をプロに与えてしまうことになります。「相手に勧誘の糸口を与えない」ことを目的に言葉を選んで伝えていくことで、安い料金で自分をきれいに、女性としての魅力を高めることができます。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る