記事の詳細

身長をのばしたい

成長期なのになぜだか身長の伸びがイマイチ・・・

両親が大きくないし。

身長は遺伝なのかな?という諦めが入っている人も多いと聞きます。
確かに身長は遺伝的要素もありますが、後天的な要素のほうが実は大きいのです。ちまたで有名な両親の身長から子供の身長を導き出す計算式がありますが、コレは目安になるため、ご自身で当てはめてみるのもいいでしょう、参考になります。

その計算式は、
男子の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
女子の身長=(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2

では実際に筆者の例で当てはめると、

私(男)の父親は172センチ、母親155センチ。

172足す155は327。327足す13は340。340割る2は170。170足す2は172センチ。172センチが計算から導き出されました。実際に私の身長は。

171センチでした。ほぼいい線いってますね。では私の兄の身長は176センチでプラス4センチとまあ誤差範囲かと思われます。弟の私のほうが若いのに背が5センチほど低いんですね・・・・

兄と私の身長差の原因は恐らくストレスかと考えられます。兄は大雑把で無神経。そのくせ東大まで行けるほどの生まれもった天才。ストレスなんかほぼ無いに等しいという環境。

では私はというと、
クラスではイジメられて、酷いストレス。兄より運動はやっていたものの、父親の身長は抜けず。1センチ足りない。

やはりストレスと言うのが最大の身長妨害原因かと自身の体験で感じています。

なので、そういったストレスが発生する年齢までに出来るだけ身長を高くしたいですね。

そういった意味で栄養素をたっぷり摂ってしっかり睡眠を心がけましょう。思春期を迎える前にどれだけ伸ばせるかが高身長になるコツかと考えます。

身長に良いとされる栄養素をしっかり摂る。それでもライバルを抜きたいというなら成長を応援するサプリメントをあたえてもいいでしょう。
身長関連のサプリメントはたくさんのところから成長期応援という名目で販売していますので、買ってみるのもいいでしょう。

もちろん身長が高い事が全てじゃないですし、人格には全く関係ありませんが、高いことに越したことは無いですね。

サプリメントだけではなく、成長に欠かせない栄養はアミノ酸ということです。成長ホルモンをたくさん促すための栄養素であるアミノ酸の原材料たるタンパク質をたくさん摂りましょう。

もちろん摂り過ぎは肥満ともなりますので、あくまで程々にですが。

参考サイト→身長 サプリメント

サイトマップ

ページ上部へ戻る