記事の詳細

お年寄りから子供まで、老若男女問わず愛されている青汁。

健康の為、美容の為と、飲んでいる理由は人それぞれかと思いますが、青汁を選ぶ際には、このようなことに注意をして選んだ方が良さそうです。

●安ければいいというものではない

青汁の値段は本当にピンキリです。

高い所で一箱1万円近くするものから、同じ量でも100円均一で売っているものまで存在します。

ですが、青汁なら何でも大丈夫でしょうと買ってしまってはいけません。

値段が安いのはなぜなのか、考えてみましょう。

理由は色々とあげられますが、まず挙げられるのは農薬や添加物を利用して、大量生産した野菜を利用しているからです。

少しくらいの農薬大丈夫でしょうと考えられる方も居るかもしれませんが、野菜を大量に作る目的で農薬を振りかけているとしたら、その量は尋常ではありません。

普通に野菜のまま買うのであれば、買ってからお家で洗って利用することも可能かもしれませんが、青汁ではそうはいきませんよね。

大抵は粉末タイプのものですので、既に農薬などが混ざっている可能性もあります。

安いものには必ず農薬が入っているという事ではありませんが、その可能性は高いと考えた方が良いでしょう。

●含まれている食材の出荷元をよく見て!

青汁を購入する際に、食材の出荷元が書かれているかどうかも、安心できる青汁かどうかを判断できる材料の1つです。

多くの青汁の場合は、食材にこだわって安心安全を売りにしている為、必ず産地を大きく記入しています。

ですが、産地に何かしらの後ろめたいことがある会社は、徹底して産地を隠す傾向にあります。

購入する前には、インターネットサイトやチラシなどを良く見て、青汁に含まれている野菜がどこの産地なのかを確認してから購入することをオススメします。

●販売されている数を見てみると…

販売数が多い青汁=安心安全な青汁、というわけではありませんが、一つの判断材料にはなるでしょう。

販売数が多いのであればリピーター率が高いとも言えるので、安心して飲んでも良いと言っても過言ではありません。

同じ青汁という名前でも、商品によって効果や効能、安全性は異なります。

ずっと飲み続けていくようなものですので、青汁を飲む際には、まずは商品選びからこだわった方が賢明でしょう。

どんな青汁を飲めば良いのか、青汁の危険性などはこちらのサイトに詳細が書かれています。

一口に青汁と言っても、健康を害す可能性もあるような恐ろしい青汁もあるとは…勉強させて頂きました。

サイトマップ

ページ上部へ戻る