記事の詳細

季節が夏になると薄着になり、どうしても肌の露出が増えてきます。そこで気になるのがムダ毛です。衣替えやクールビズ開始日の朝、薄着で出かけようとしたとき「しまった!」と感じたことのある女性は少なくないはずです。ムダ毛は人間の体の機能として、あまり役に立たない毛のことを言います。ワキやスネ、背中、腕、指など、人によっては気になるところは全てムダ毛と言えるかもしれません。
ムダ毛を剃っても抜いても生えてくる理由は、体毛のメカニズムにあります。体毛は植物に根があるのと同様に皮膚の下に毛根が存在します。毛根の内部では、毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、体毛として皮膚の表面に伸びてくる仕組みになっています。毛母細胞は毛乳頭から必要な栄養素を受け渡されます。この毛乳頭をレーザーなどで破壊するのが永久脱毛と呼ばれるムダ毛処理です。ムダ毛処理は、永久脱毛の他にシェービングやクリーム脱毛、レーザー脱毛、脱色処理などがあります。ムダ毛処理をすると皮膚を痛めることがあるため、永久脱毛やムダ毛処理をした後は必ずケアが必要です。
永久脱毛をするとワキガが改善されるという話がありますが、ワキガは体毛が原因ではなく、アポクリン腺と呼ばれる汗腺の数が多い人、もしくは大きい人がなりやすい体質だと言われています。永久脱毛をすることで完全にワキガを治療することはできませんが、ワキ毛が悪臭を周りに拡散させる原因にもなっているので、改善は期待できると考えられます。
ムダ毛の代表格と称されるワキ毛ですが、性フェロモンはワキの下から分泌されます。ワキ毛は、性フェロモンをより遠くへ拡散させる働きがあります。フェロモンの感覚器は鼻にあり、嗅覚で感知します。最近では、男性もワキ毛を薄くしたいという思考にあるようですが、女性にアピールしたい男性はワキ毛処理をあまりしない方がいいかもしれません。反対に女性にとってワキ毛処理は、フェロモンで男性へアピールするというよりもエチケットとしてやはり必要な処理です。ワキ毛の処理をしなくても良いという男性はいるかもしれませんが、少数です。ワキ毛処理に限らず、ムダ毛処理の正しい知識と正しいケア方法を知っていれば、ツルツルの肌を手に入れることができるでしょう。

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る