記事の詳細

中古車購入においての注意ですが、分かっている通り事故車についてです。

事故車の定義ですが、曖昧なのです。販売店でも特別な規程もなく、とにかく曖昧。

僕自身が車屋をやっていたため良くわかるのですが、事故車扱いされていようが、走行に問題ないなら全然選んでオッケーですよ。

ちょっとした目利きが必要なのですが。

ちょっとしたぶつけを修復しただけで事故車扱いされたり、本当にエンジンのフレームまで変形してしまって、修正した確信した事故車だったりと事故車の定義は広いのです。

オススメは軽微な事故車

事故車扱いとして売っている車でも、ボディ修復のみの車はオススメです。中古車を買うわけだから多少のキズ、修復は納得しないといけません。

そういったのが嫌いなら新車を買えばいいわけです。中古車は人の使った使いふるし。それを新車の半額以下で買えるのですから。割り切れる人は本当にオススメなんです。

そこで軽微と思える修復歴車を選びましょう。

ドア凹み修復
バンパー交換
リアゲート交換
フェンダー交換
といった外装に関する交換や修復においては買った以降問題発生する確率も低いと思われます。

その反対に問題発生する事案は、

フレーム修正あり
スタビライザー交換
ラジエータ交換

こういった交換や修復は注意が必要です。

フレーム修正は車のボディの要である部分を修正したことであり、どこかに歪みが潜んでいる可能性があります。たとえ目に見える歪みを修正したとしても、目に見えない衝撃がどこかに受けている可能性がありますし、不安はあります。

メンバー修正技術はすごいのですが、どこまで大丈夫か未知数です。

あと足回り。

スタビを修復ということは足まわりに事故の衝撃がかかったことになります。すべてのパーツを交換したとしてもどこかに不具合が潜んでいるかもしれません。重度な事故については修復しても直りきっていない場合があります。

見極めですが、タイヤの偏摩耗を見ましょう。異常な片減りをしていたら買わないほうが良いです。もし新品タイヤがすでについていたら要注意です。

エンジン周り
ラジエータ交換していたら、前から事故を起こした証拠。販売員がフレームはいっていないというなら大丈夫ですが、あまりに綺麗なラジエータなら、交換した経緯、大丈夫かを聞いたほうが良いでしょう。

まとめ、

多少の事故歴、修復歴は中古なので目をつぶる。しかし走行に問題があったら大変なので、妥協点を見出しつつ、値段とのバランスを取った良いか物をして下さい。

中古車の選び方

関連記事

サイトマップ

ページ上部へ戻る